講座報告・レポート

2017クリスマス☆おもちゃ講座

クリスマス☆おもちゃ講座@BUZZ CAFE。今年はなんとお申込みおひとりでした。めったにないことなのですが、個別のおもちゃコンサルティング。事前にお聞きしていた年齢に合わせたおもちゃをたっぷり持ってスタートです。

まずは人気のカードゲーム「レシピ」。ルールに沿って遊ぶにはまだ早いけれど、ぐざいカードを並べておんなじ探し。たまねぎを集めたりたまごを探したり。見つけられたらうれしそうです。

テディーメモリーは外せません。全てのカードで神経衰弱はまだむずかしいので、かるたのように並べておんなじくまちゃんを探します。似ているくまちゃんは時々間違えます。よく見比べてね。

小さなお人形は動物や赤ちゃんなど分けたり並べたり。

からすのメモリーは絵が細かくてちょっとむずかしい。でもよく見て一緒に遊ぶことができました。

子どもが遊んでいる間にママも遊びます。最近大人気のナインタイルは短い時間でルール説明ができるのですぐ遊べます。むこうからぐいぐい押されて並べてたのが崩れる~

我が家の長男3歳のお誕生日プレゼントだった「ゆらゆらUFO」。銭函の「木の店AU・AU」さんの作品です。順番に木のパーツを置いていって倒したら負け。順番を待つこと、自分の番になったらひとつ置くこと、倒れないように考えて置くこと。簡単なルールが子どもの成長・発達を促します。

「こっから面白いものが出てくるのね」と覚えたらぐいぐい袋に吸い込まれていきます。そういえば、自宅サロンで押し入れにおもちゃがあるとわかったら開けてくれとせがんだり、おもちゃのコンテナに足をつっこむ赤ちゃんもいました。子どもたちは楽しいおもちゃに敏感ですね!勢いよくて可愛かったです。

たっくさんのおもちゃを出しましたが、一番たくさん「もう1回!」を言ったのが牛乳パックと輪ゴムでぴょーん、と飛んでく手作りおもちゃでした。「もう1回!」「もう1回!」。ハンバーグ食べようよと言ってもなかなかおもちゃから離れず、本当に面白かったようでした。

面白いおもちゃに出会うと、よだれがたらっと出てきます。夢中になると、つーっと落ちます。ちょっとむずかしかったりあんまり興味がなかったりするとよだれは出ません。そういえばせたな町の赤ちゃんのお母さんも「普段はこんなに出ないんですけどね」とよだれをふいていました。よだれバロメータ、なかなか興味深いです。

煮込みハンバーグはこの日も美味しかったです。

ランチが終わるとBUZZCAFEでランチをしていたママたちが集まってきて、たくさんゲームを買っていってくれました。数年前では考えられないことです。アナログゲームブームすごい!

ナインタイルまたもや完売。レシピ人気もさすがで、残り少なくなってきました。まなびやカフェさんからも注文が入ってます。

今日発注して、また楽しいゲームをみなさんにお届けしたいと思います。

2017-12-10 | Posted in 講座報告・レポートComments Closed 

 

せたな町教育委員会 木育・おもちゃの広場/木育・おもちゃ研修会

12/6に八雲町での木育・おもちゃの広場と、12/23の「クリスマス大作戦」打ち合わせを終え、12/7朝にせたな町へ向かいました。ひと区間だけ高速に乗り(これ大事だった!)、噴火湾から日本海へ。雪景色が綺麗で、車を停めて写真撮りました。

午前中は乳幼児の親子対象の木育・おもちゃの広場です。

普段は乳児検診をしているお部屋での開催。たくさんおもちゃやゲームを並べさせてもらいました。

広い!

森林室より木の玉のプールを持って来ていただいてました。

赤ちゃんたちに人気です。

なんでも食べる赤ちゃんは、スギックモックも食べます。

背中に何をしょっているのかと思ったら、転倒防止のみつばちクッションでした。可愛いし実用的!バランスが取れず転んで頭を打ってしまう時期にはいいですね!あちこち動いて遊んでいました。

今回の一番人気はどんぐりころころ。会場にあった積み木のふたで坂を作り、広い坂で競争しました。大人にも大人気でした。

マグネットのおもちゃ。私が好きで買ったおもちゃですが、子どもたちにも楽しんでもらえてうれしいです。

午後からは子育てボランティア対象のおもちゃ研修でした。

例年せたな町ではブックスタートの袋によだけかけを入れていて、それを手作りおもちゃにしたいとご連絡をいただいたのが最初でした。そこで、去年からご一緒させていただいてます檜山振興局さんに「せっかく森が豊な町だからぜひ木のおもちゃを入れたい。何かないでしょうか」とご相談したところ、道南の木を使った木のカスタネットを入れていただけることになりました。

そして、当日は森林室の方による、森林の役割、せたな町の森林について、せたな町内の森の活動についてのお話がありました。紙芝居になっていてわかりやすい!

そしていよいよカスタネット作り。森町で作られたカスタネット、「なるべく多くの樹種を入れてほしいです」とお願いして、届いたのは7種類。同じかたちでも重さや色、かたさなどが全然違います。

「来年はせたな町の材でやりたいね」「カスタネットが足りなくなるくらい赤ちゃんがたくさん生まれるといいね」など、作業しながらの会話もなんだか嬉しくなるものばかりでした。

やすりがけをして、みつろうワックスを塗って、ゴムを通します。完成品はこんな感じ。

みつろうワックスをかけると色が少し変わります。

みつろうワックスをかけるとツヤが出て木の色の違いが際立ちます。白いものもあり、家具みたいな濃い色になるものもあり、お互いに見せあいながらわいわい作業できました。

説明書も可愛い。長く大事にしてもらえると嬉しい。木のおもちゃをきっかけに自分の町を大切に思ってもらえるといいなと思います。

せたな町は8割が森林。お孫さんと遊びに来てくれたおばあちゃんが「こういうの、間伐材で作れるといいのに」と言っていて、木が身近なんだなと実感しました。木のおもちゃで間伐材の利用について感想言われたことはじめてでした。

帰りにお土産を買いに近くの温泉ホテルへ。せたな町のキャラクターはセターナちゃんです。

「楽しかったな。振興局や森林室と教育委員会が関わって、思っていた以上に木育事業として開催できて嬉しかったな」と気分よくせたな町を出たのが16:30。

そこから自宅に着くまで、なんと6時間以上かかりました。帰宅は23:00過ぎ。途中お天気悪かったのです。走行距離は約300キロ。途中お土産を買ったり、休憩したり、どうしてもの連絡をしたりはしましたが、高速を中心にほぼ走ってました。

長い長い道中、一番つらかったのが有珠山から白老あたり。高速ってまっすぐのイメージですが、地方の高速はカーブがすごくて一車線、中央分離帯はちょっと棒が立ってるだけ、外灯なし。

つまり真っ暗でよく見えない上、道のカーブの予測がつかず、路面は完全凍結、雪がすごくてハイビームにすれば前方真っ白。普通ハイビームにすると前方が見えやすくなりますが、ただただ白く雪が吹き付けてくるのが見えるだけで道はよく見えません。50キロ制限区間だから50キロで走っているとどんどん抜かされて、抜かされた時の雪しぶきでまたよく見えなくなる。なぜあちこちで事故が起きてないのか不思議なくらいでした。

とりあえず近くのパーキングに入り、夫に電話して、状況を説明し「もう近くの出口で降りるっ!」と言いました。すると「安全優先で降りたかったら降りてもいいけど、この先は外灯あるし、道幅も広くなるし、楽になるよ」と言われ、少々気を取り直してパーキングを出ると雪が弱まっていました。

写真は最後の休憩地点、輪厚。高速は降りずに最後まで頑張りました。

長い長い運転を終えて思ったこと。「はじめての長距離運転(2日間で500キロは走った)、はじめての路面凍結の高速、これができたんだからもうなんでもできる!」「長い長い道中は、天気が悪くなったり不安になったりすることもあるけど、状況は変わる」「降りてもいいと言われたり、これから道はよくなると見通しを示してもらえると安心感があり、頑張れる」。

実際白老で降りたら絶対その日のうちには帰れませんでした。高速で23:00だったんだし。

過酷だった・・・。23日の八雲の「クリスマス大作戦」、当日は泊まって翌朝帰宅しようと誓ったのでした。冬の夜の長距離高速は危険すぎる!

せたな町のプリン・日本酒・飲むヨーグルト(車で飲んでしまいましたが超美味しかった!)、わかめ製品。そして、今金のじゃがいもは絶対買いたいなと思って今金町のコープへ寄ったら330円もするポテトチップが!!330円?!どんだけ味違うんだろと思って買ってみたら、ネットで手に入らない幻のポテトチップだったのでした。もったいなくて開けられない・・・。クリスマスにでもみんなで食べようかな。

そんなわけで、無事八雲町・せたな町への旅は終わりました。生きて帰れてよかった。12/23は「クリスマス大作戦」で、おもちゃ王国コーナーを担当します。遊んだり、制作したり、アナログゲーム販売したり、全部やります。八雲のママたちやスタッフの皆さんとの再会が楽しみです。いろいろ準備していきたいな。

ややお近くの方、楽しそうなイベントです。よかったら遊びに来てくださいね!

2017-12-08 | Posted in 講座報告・レポートComments Closed 

 

八雲町で木育・おもちゃの広場

今朝は5:30に家を出て、高速で八雲町に向かいました。はじめは順調に思えていましたが、

路面凍結、速度規制、ホワイトアウトで、到着は開催時間ギリギリ。約5時間かかりました。

あまりに着かないので、珍しく地図を確認。オレンジのルート、こんなに下の方!!

ようやく着いたら開催時間ギリギリ。妊婦のまきこちゃんをハラハラさせてしまいました。反省。

ふきのとう文庫の布絵本や、木のおもちゃをたくさん並べます。

親子で楽しんだり、

ひとりで遊びの世界に入ったり。

かえるのアクロバットは横に並べたり、

縦に積み上げたり、思い思いに遊びを見つけます。

同じおもちゃでも、見出す遊びは違うのです。

ちょこんと座っておもちゃをいじる姿が可愛い。

おもちゃ&アナログゲーム講座も開催しました。

午後からは幼稚園が終わったお兄ちゃん、お姉ちゃんも来てくれました。

サブローごまが回るのをジーっと見ています!

アナログゲームは大人も夢中!

子どもたちがやりたいと言ったので、はげたかのえじきを出しました。

幼児さんもできるのね?!びっくり!「これ打ち消しだよね」。理解してる〜!!

弟くんは負けそうで悔しくて泣く場面もあったけれど、ゲームを諦めず最後までカードを出したり、見守り、励ますお母さんが素敵でした。

もうすぐ出産のまきこちゃんのためにママカフェ部のメンバーがいろいろと準備をしていました。

まきこちゃんはどの土地に行っても、あたたかな子育て仲間を作っています。

苫小牧ママカフェ部で木育・おもちゃの広場をさせてもらった時と同じ雰囲気なのです。

私には到底真似できない、コミュニティを作る才能。尊敬です!

赤ちゃんを抱えながら今回いろいろと力になってくださったかおるさんと、まきこちゃんと。気持ちよく受付などしていただいて、本当に感謝です!

帰る前に、みんなで作ったんです。よかったら食べてください、とケーキをいただきました。ほんっとに美味しかった!!売ってもいいと思います!!

長男を追いかけ、次男を抱っこしながらおもちゃの広場を始めた10年以上前、私もお返しの気持ちとして協力団体さんに手作りお菓子を差し上げていた原点を思い出しました。

明日は朝早くせたな町に向かいます。午前は木育・おもちゃの広場、午後はおもちゃ研修です。

12/23に八雲で開催されるイベント、クリスマス大作戦にて、遊びコーナーをさせていただけることになりました。

1月は上ノ国高校の木育おもちゃの授業もあり。渡島、檜山、なんだかご縁が続きそうで楽しみです♬

2017-12-06 | Posted in 講座報告・レポートComments Closed 

 

小学校の家庭教育学級で「コミュニケーションを深めるアナログゲーム」講座 レポート

今日は、札幌市立小学校の家庭教育学級で「コミュニケーションを深めるアナログゲーム」講座をさせていただきました。

はじめは、遊びの中でわかる子どもの得意や苦手について、そのサポートについて、アナログゲームの種類や選び方などをお伝えしました。その後実際のゲームの紹介をして、グループに分かれてゲームタイムです。

皆さん小学生のお母さんですが、1年生~6年生まで幅広く、下の子がいたり、上の子がいたり、一人っ子だったり兄弟だったり、自分が遊びたかったりとニーズはそれぞれだと思ったので、遊びたいゲームごとにグループを作っていただきました。

一番にマジックメイズを選んだこのグループは協力体制もばっちり。みんなで説明書を読んだり確認しあったり。

セットカードゲームは、最初に「セット」がどれなのか覚えるのにちょっと時間かかりますが、覚えたら楽しいゲーム。3つの色・3つの数・3つの塗り方が、全て同じか全て違えば「セット」。

この写真で言うと、左の上から2番目の「緑・塗りつぶし・2」、真ん中一番上の「紫・白抜き・2」、右上から3番目の「赤・斜線・2」がセットです。

☆色が全部違う ☆塗り方が全部違う ☆数が同じ   ふたつが同じ、はセットではありません。全部同じか全部違う3枚を探します。

探しながら取ろうとしていて手が常に浮いていました~。我が家は今年のキャンプで何度もやりました。

「ザ・ゲーム」は協力ゲーム。1から100までの数字を並べていきます。絵はこわいですが、ゆったりとしたコミュニケーションが私はとても好きです。ずっと欠品で残念に思っていましたが、ようやく入荷しました!

一番うしろのグループはとってもおだやかで、皆さんゆっくりペースでゲームを楽しんでいました。こんな素敵なお母さんだったら子どもたちもゆったり育ちそう!

レシピは今回も人気でした!

上のお子さんがいるとのことで、「アンユージュアル・サスペクツ」。今日も盛り上がってました。

そして12:00ぎりぎりまで皆さん遊び倒しました!今日遊んだのはこんなセレクトでした。

さて、午後からは保育専門学校の学生たちとアナログゲームで遊ぶ授業。

協力ゲームも時間がかかったりルールが複雑だったりしますが、後期なので、自分たちで説明書を読んで進行していきます。「パンデミック」は授業時間だけでなく、昼休みも放課後もやりたいから貸してくださいとお願いされ、貸出していました。世界中に病原体が蔓延してしまい、なかなか勝つことができなくて、何度も何度もチャレンジしているのです。授業終わる頃にようやく4つの治療薬ができて、達成感を味わっていました。

いかさまモスは、手元のカードを刑事に見つからないように、床にボトボト落としていいという斬新なルールのゲーム。刑事にさえ見つからなければいいので、隣の人が大胆にカードを落としているところが見えたりしてうけます。

「お先に失礼します」は同じ人か同じ仕事をしている人に「ついでにお願いしま~す」とカードを押し付けていくゲーム。やったらやられます。

キレイがキライ。自分のぶたを全部どろんこにできたら勝ち。でもすぐ他の人に洗われちゃったり、小屋を壊されたり、雨を降らされたりして邪魔されます。

今日の学生たちに持って行ったのは「人の邪魔をするゲーム」でした。

幼児には幼児の、小学生には小学生の、大人には大人の楽しいゲームがあります。年齢や人数に合ったゲームを選べたら、家族の時間が変わります。

次回アナログゲームカフェは12/19(火)まなびやカフェあけぼの分校給食室にて、「2017☆アナログゲーム忘年会!!」です。

【2017☆アナログゲーム忘年会】
日時:2017年12月19日(火) 10:00~13:00
場所:まなびやカフェふけぼの分校給食室
参加費:2000円(別途カフェにてランチをご注文ください)
☆当日はアナログゲームの販売を致します。
お申込みは こちら
 
2017-12-04 | Posted in 講座報告・レポートComments Closed 

 

札幌市立中学校の家庭教育学級でアナログゲーム講座 レポート

中学校の家庭教育学級で、「家族のコミュニケーションを深めよう!~アナログゲーム講座~」をさせていただきました。勉強や部活、塾などで忙しい子どもたちとのコミュニケーションのひとつとしてアナログゲームをご紹介する講座です。

はじめにアナログゲームのよさや、選び方のポイント、実際のゲームの紹介などお伝えしたら、あとはたっぷりゲームタイム!まずは大人が楽しさを知ることが大切なので、グループにわかれてやりたいゲームを体験していきます。

こちらは2017年のドイツゲーム大賞、「マジックメイズ」。喋ってはいけないコミュニケーションゲームで、思うようにならないのが面白く、盛り上がります!このグループは「もう1回、もう1回」と、ほぼこのゲームだけ最後までやっていました。よっぽど楽しかったんですね。何度も笑い声が聞こえていました。

それぞれの思い込みが見える、アンユージュアル ・サスペクツ。中学生くらいになると大人と同じゲームができます。小さな子どもの時にはできなかった、推理や心理を読む遊びをゲームの中で体験することができ、子どもの姿が見えてきます。

各テーブル、言葉や数、コミュニケーションのゲームなど多数体験することができ、今まで知らなかったアナログゲームの魅力を感じてもらうことができました。

 

<参加された学級生の感想です>

☆めちゃくちゃ楽しかったです。あっという間の時間で、ボケないためにもぜひ買っていきたいです。毎月でもやってほしい講習でした。

☆思春期の子どももゲームをしているうちに盛り上がれそうです。こんなに楽しいとは、思っていた以上でした!今日はどうもありがとうございました。

☆アナログゲームに興味はあっても、どんなものがあるのかはなかなかわかりませんでしたが、いろいろ知ることができてよかったです。自分もとても楽しめてよかったです。

☆とても楽しかったです。久しぶりに頭を使って疲れました(笑)。家族と楽しく過ごせそうで楽しみです。ありがとうございました!!

☆講演会に参加する場合は聞くことのみで、参加者の声を聴いたり表情を見たりすることはないのですが、本日は一緒に参加方々全員の声や表情、笑顔がいっぱい見れてよかったです。

☆ゲームの選び方など大変ためになりました。

 

学年を超えて一緒に子育てについて学べる家庭教育学級、私は長男小1の時から続けていて、小学校・中学校合わせて学級生10年目です。料理・制作・講座など様々な分野がありますが、ぜひ家庭の時間に「年齢に合った遊び」の学びも取り入れてもらえたら嬉しいなと思っています。

箱を見ているだけではわからないアナログゲームは、種類が本当にたくさんあります。年齢や人数、目的に合わせて選ぶポイントをお伝えしたり、実際に自分がやってみることでイメージがつかめます。気になる学級生の方がいましたら、来年度ぜひお声がけくださいね。札幌市内の家庭教育学級、開級式に配布されます「インストラクターガイド」にも掲載していただいています。幼稚園・小学校・中学校それぞれの年齢に合わせて講座・ゲームのご紹介ができます。

今日は小学校の家庭教育学級でのアナログゲーム講座です。どんな出会いと遊びが待っているのか楽しみです。

2017-12-01 | Posted in 講座報告・レポートComments Closed 

 

12/1より、アナログゲーム常設販売します。

12/1(金)より、まなびやカフェあけぼの分校給食室さんにアナログゲームを常設販売させていただきます。

今朝はその準備のため、朝からゲームをクリスマスラッピングしました。全部しちゃうと見えなくなるので、ラッピングしてあるものとしていないものがあります。

店内に入ったらお出迎えしてくれるクリスマス飾りの中に、プレゼント装飾のような、本物のカードゲームを置かせてもらいました。最近人気の「ボブジテン」です。ここから購入していただいても大丈夫です!

手作り作家さんたちの真ん中に急にアナログゲームがあります。

現在入荷しているゲームのご紹介をしますね。

<ボブジテン>

年齢:10歳以上 人数:3~8人 時間:30分 価格:1800円+税

カードに書かれたカタカナ語を、カタカナを使わずに説明して、ボブが何の説明をしているのかを当てて、ボブジテンを完成させるカードゲームです。あなたならどう説明しますか?答えられるのは1回だけ。よ~く考えて下さいね!大人数で盛り上がるゲームです。ルールが簡単で説明しやすく、持ち歩くのに軽く、プレゼントにもおすすめです。

人気カードゲーム「レシピ」の4シリーズ全て納品してきました。お好きなレシピをどうぞ!

<レシピ>

年齢:4歳以上 人数:2~4人 時間:5分 価格:1200円+税  ☆クリスマスラッピングしてあるものもあります☆

レシピのメニュー・・・カレーライス・オムライス・ぎょうざ・スパゲティナポリタン・すぶた・チーズハンバーグ・てんどん・にくじゃが

わしょくレシピ・・・・おでん・おやこどん・さけのホイルやき・すきやき・ちゃわんむし・ちらしずし・とんじる・なべやきうどん

ワールドレシピ・・・・えびシュウマイ・ケバブ・タコス・マカロニグラタン・ボルシチ・パエリア・チキンフォー・マルゲリータ

みんなのレシピ・・・・エビチリ・おこのみやき・からあげ・クリームシチュー・チーズグラタン・チンジャオロース・ポテトコロッケ・ラーメン

メニューカードに書かれた6つのぐざいカードを集めるゲームです。誰が早く料理を完成させることができるかな?可愛いイラストと楽しいルールで、不動の人気です。

男の子に人気のおばけキャッチ。負けると悔しいから、ひとりで自主練した子どもたちは数知れず。我が家の次男もよく自主練してから勝負に挑んでいました。

<おばけキャッチ>

年齢:8歳以上 人数:2~8人 時間:20分 価格:1667円+税

カードがめくられたらカードの色と書かれているものをよく見ましょう。同じ色・同じものがあったらそれを取ります。なかったら違う色・違うものが正解。早い者勝ちのゲームです。

日本製のカードゲームです。

<ワードバスケット>

年齢:10歳以上 人数:2~8人 時間:10分 価格:1389円+税

場のカードの文字からはじまって手元のカードの文字で終わる言葉を思いついたら、順番なしでどんどん出していきます。しりとりのカードゲームです。

フランスの缶入りのゲームです。

<ドブルキッズ>

年齢:4歳以上 人数:2~5人 時間:10分 価格:1600円+税

2枚のカードを合わせると、必ず同じ動物がいるよ。見つけてみよう!という簡単なルールです。大勢で遊ぶこともできて楽しいゲームです。

納品作業の後は本日のランチセットです。彩りが美しく、今日も美味しかったです。

今日はちょっとスペシャルに飾り付けていただきました。色も綺麗で美味しくて、元気出ました。

手稲区の方や、まなびやカフェによく通っている皆さん、ゲームのリクエストなどありましたらお知らせくださいね。

 

今年最後のアナログゲーム会は12/19(火)です。題して、「2017☆アナログゲーム忘年会」!!!!

忙しい12月、たくさん遊んでたくさん笑って、美味しいものを食べて、リフレッシュしませんか?人が集まる年末年始におすすすめのパーティーゲームや、甥っ子・姪っ子へのちょっとしたプレゼントなど、おすすめゲームをご紹介します。ぜひ遊びに来てくださいね。

 

【2017☆アナログゲーム忘年会】

日時:2017年12月19日(火) 10:00~13:00

場所:まなびやカフェあけぼの分校給食室(札幌市手稲区曙5条3丁目2-22)

参加費:2000円(別途カフェにてランチをご注文ください)

☆当日はアナログゲームの販売をします。

お申込みは こちら

 

年末年始、アナログゲームがあるとお休みが楽しいですよ!久しぶりの方も新しいゲーム入荷していますからぜひどうぞ♪はじめての方も歓迎です。お待ちしています!

2017-11-30 | Posted in 講座報告・レポートComments Closed 

 

大人の夜のゲーム会 レポート

大人の夜のゲーム会、始まるよ〜!

とは言っていなかったですが、大阪から、いやこの日は彦根から来た畑さんが大人の夜のゲーム会の講師です。

まずは全員でできるゲームを。

先日ドイツに行かれた時に仕入れしてきたという、サイン。

チーム戦です。まず、ややこしいカードを同じ模様に揃えます。揃ったら同じチームのメンバーに、最初の相談タイムに決めたサインを送ります。頭をかくとか、鼻に手をかけるとか。敵チームに見破られたら敵チームの得点。

揃えるのに夢中になってるだけじゃ勝てない!揃えたり、周りを見たりするのですが、サインっぽいけど違ったりしてうける。

ここからは2グループに。

ちょっと頭痛で体調いまいちだけど、やっぱり行きたいと雪の中出てきた中1の次男はこちらのグループ。2歳からゲームしてるから、大人と同じに参加できます。

やっているのはアンユージュアル・サスペクツ。12人の中から犯人を当てるゲームです。様々な質問があり、手番の親がイエス・ノーで答えます。

その人は早起きですか?

その人は家に花を飾ってますか?

とか。

親以外のメンバーは、12人の見かけで、この人絶対夜更かしでしょ。花は飾らないよね!など話し合って、絶対違う人を指定します。

親がひとりずつ、この人は犯人ではありません、と宣言してだんだん絞りこまれてきます。それだけなのですが、人の思い込みって面白い。

こちらは2017年のゲーム大賞を受賞した、マジックメイズ。

コミュニケーションを取らないと進まない協力ゲームなのに、

なんと、喋っちゃダメなのがルール。指差しも禁止。

それぞれ役割があって、その人にやってもらうしかないのだけど、じゃあどうするか。

ひたすらアイコンタクト!

気づいて!の駒をその人の前に置く

喋ってもいい場所へ駒を動かす←でもそこまで行くためにはアイコンタクト〜

ん〜

ん?ん!

んー!

(わかって〜)

(そうじゃない〜)

(え?私?キャー何何〜)

しかも、砂時計が落ちる3分以内にミッションを完了しなければなりません。

目力で進行する協力ゲームなんて斬新すぎる!

って皆さん思ったんです。きっと。私だけじゃなく。

この日、マジックメイズ完売しました。

お話も少し。ドイツの最新のアナログゲーム事情を聞くことができました。

時間が足りなかった〜。大人の本気ゲーム会は最高。まだまだ遊びたかったな。

外は雪。前半の講師、レシピの作者の小倉ダイスケさんと、畑さんと。

おふたりともぜひまた来て欲しいです。

ゲーム会に参加すると、家でも遊びたくなります。

アンユージュアル・サスペクツ。メンバーが変わると遊びが変わります。人の数だけ思い込みがあるから!

ボブジテンは何度やったかわかりません。外来語を、外来語を使わないで説明して答えを当てます。

最近なかなかゲームに参加しなかった高校生の長男が面白がったから、久しぶりに全員で遊べて楽しかった!やっぱりゲームは人数が多いと盛り上がる♬

開封していなかった、おばけの時計。電池を入れてスイッチを押すと、針が右に左に不規則に動きます。

ボーンと鐘が鳴り、針が止まった時に自分の色のおばけがたくさん残っていたらそのターンは1ポイント。3ポイント先取で勝ちです。

急に鐘が鳴って終了したり、いつまでま回っていて振り落とされたり、単純だけど、何回もやりたくなります。

「今」に集中するアナログゲームは、日々の考え事を全て忘れてリフレッシュさせてくれます。

そして、一緒に過ごした楽しい時間は、じんわりを自分を満たしてくれます。子どもも、大人も。

室内で過ごしたり、人が集まる年末年始はアナログゲームタイムにぴったり。

アナログゲームカフェでは、年齢や、人数や、時間に合わせたゲームをご紹介します。販売もできます。

年内のアナログゲームカフェは、12/17のYUMEKITTO HOUSEさん、12/19の、まなびやカフェあけぼの分校給食室さんの2回です。

ご連絡いただければお取り置き、発送も致します。ぜひ自分やお子さんに合ったゲームを選んでくださいね。家族の時間が変わります。

2017-11-21 | Posted in 講座報告・レポートComments Closed 

 

オリジナルレシピを作ろう! レポート

11/18土曜、琴似AMICAに、人気カードゲーム、レシピの作者の小倉ダイスケさんが来てくださいました。

レシピがどうやって生まれたかのお話。子どもたちもしっかり聞き入っています。

大きなカードを使って説明してます。

メニューや具材を描き出したら、みんなもう夢中でした。

それぞれ近くにメモ書きがあるのが可愛かったです。

レシピ、和食、ワールド、みんなのレシピを並べて、ゲームタイムの準備をします。オリジナルと商品を混ぜて遊びました。

仕上がったらゲームタイム。テーブルごとに優勝者はレシピオリジナルグッズがもらえました!

学習発表会後に急いで来てくれた方も多く、どんどん賑やかになっていき、参加は34名でした!

販売タイムの様子。おうちでもたくさん遊んでね。

当日は札幌10区の取材がありました。ボードゲーム特集だそうです。楽しみです。

祭りの後。2セットずつ出したため、戻すのが大変でした〜。

外はすっかり雪景色。寒かったです!

レシピが楽しすぎて、握りしめたまま寝てしまったというエピソードを聞き、やってよかったと思いました。

レシピシリーズ、まだ全種類あります。今在庫している分にはレアカードをおつけします。ご希望の方は取り置きもできますのでお知らせください。

1290円です。送料かかりますが発送も致します。

小倉さんに親子の楽しい時間をいただきました。またお呼びしたいです。

2017-11-20 | Posted in 講座報告・レポートComments Closed 

 

遊びのヒント@SUVACO レポート

雪がちらつく中、南区のSUVACOさんで、「遊びのヒント 〜今日からできる手作りおもちゃと遊び〜」を開催しました。

窓に並べたおもちゃたち。

棚にも並べて準備万端。赤ちゃんが多かったので、0〜2歳のおもちゃを中心に持って行きました。

わらべうたサークル「どんどんばし」の布施早苗先生に教えていただいた、きつねとたぬきのお人形を使ったわらべうたをやりました。赤ちゃんたちが静かに見入っていました。

大工さんは人気のおもちゃです。しばし集中しています。

先日作った赤ちゃんの布おもちゃ、端が磁石だから、パネルヒーターにくっついて、遊びが広がりました。

2本をくっつけたり、

輪を作って足を入れてみたり。こうして考えたりやってみたりすることがとっても大切!私も楽しい遊びの展開を見せてもらいました。

《参加された方の感想です》

手作りおもちゃのアイディアやおもちゃ選びなど参考になりました。クリスマス、誕生日近いので楽しく選びます。

具体的なおもちゃの作り方や年齢に応じたポイントがわかり、参考になりました。子どもと遊ぶ際に様子をよく見ながら選んでいきたいと思います。

遊びの講座2回目の参加でしたが、今回もまた新たなヒントがいただけて、参加できて本当に良かったです。ありがとうございます。自分が楽しんで遊ぶことで、子どもたちとの時間をもっと楽しめそうです。

木のおもちゃを月齢に合わせて選ぶのに、とても参考になりました。1歳のお誕生か、クリスマスにはプラステンを買おうと思います。牛乳パックのおもちゃがとてもおもしろく、さっそく作ってみます。

牛乳パックのおもちゃはとても人気で、念のために持参した牛乳パックを配ったら、すごくいいものもらったように皆さん喜んでいました。手作りおもちゃを紹介すると、廃材の見え方が変わります。

11月、12月もおもちゃ講座・アナログゲーム講座をやります。ぜひ遊びに来てくださいね。

《今後の講座予定》

12/8(金)クリスマス☆おもちゃ講座@バズカフェ

12/19(火)2017アナログゲーム忘年会♬@まなびやカフェあけぼの分校給食室

12/22(金)冬休み!親子造形教室@ミーナ自宅

2017-11-16 | Posted in 講座報告・レポートComments Closed 

 

時間が見える!ミーナの手帳講座 レポート

今日は、まなびやカフェあけぼの分校給食室にて、手帳講座でした。

コーチングをベースにして、ありたい自分の姿を考えることの大切さ、具体的な手帳の使い方、時間の使い方の工夫についてお伝えしています。聞いただけで役立たないのでは意味がないから、「今の自分が一番大切にしたいことは何か」「何があればできるのか」「今日からできることは何か」など、ワークをしたりシェアをしたりしながら、自分にとっての手帳の活用方法を考える時間です。

私は去年からCITTA手帳を使っているのでおススメしているのですが、なんと今日は全員CITTA手帳。しかも白!!

今日のランチも美味しかったです。

もちろん、今日のデザートも美味しかったです。

<参加してくださった方の感想です>

手帳の使い方も含め、時間の使い方や目標設定など改めていろいろ考える時間を作ることができそうです。リスト作成などイメージではわかりにくい感じでしたが、実際のお話を聞くととても設定しやすく、実行できそうです。

自分の人生をしっかり考える時間になりました。毎日の積み重ねが、やりたいことや大切なこと、夢など叶えていくのかなと思います。実際にワークが出来、今日から実行できる内容で嬉しかったです。ありがとうございました。

 

学び、実行し、習慣化することで現実が変わります。手帳講座に来てくださる方は皆さん、家庭も、仕事も、自分も大切にしたい方ばかり。「時間をうまく使えるようになりたい」と言われる方が多いのですが、大切なのは時間管理よりも行動管理。やりたいことややるべきこと、いつも同じことなどはリスト化しておき、考えなくても行動できるようにしておくと、他の大切なことに時間が使えます。皆さんのありたい姿が心地よく実現しますように!

2017-11-14 | Posted in 講座報告・レポートComments Closed