ブログ

八雲クリスマス大作戦 レポート

今日は朝から八雲町へ移動しました。

前回は朝5:30に出て10:20着。今回は7:00に出て10:15着。お天気もよく、順調でした。

以前来た時は曇っていて何も見えなかったハーベスター八雲へ行き、美しい景色をリベンジ!海が綺麗でした。

今回も二海カレーを食べました。八雲はふたつの海に接している町。ホワイトカレーで地元の野菜と海産が入っているものを二海カレーと言うそうです。

会場前のツリーは可愛く飾られていました。

どこからこんなに人が?というくらい大賑わい!私はおもちゃ、アナログゲーム、トランスパレント制作、サブローごま制作を担当しました。

あまり暇はなかったけれど、2階の様子を見て、前回お世話になりました八雲ママカフェ部の皆さんにご挨拶させていただきました。

サブローごま制作は女の子が多かったです。キラキラシールをたっぷり使って可愛い作品が多かったです。

森町から木族工房さんが納品に来てくださいました。2月にイベントで使うカスタネット、5種類。無事受け取りできました。

おもちゃ王国にはたくさんの子どもたちが遊びに来てくれました。実行委員の皆さんが作ってくださった門が素敵でした!

八雲町は渡島振興局。お隣の檜山振興局にお世話になることが多いのですが、いつものきぼうのプールとスギックモックがすでに会場に搬入されていました。

舞台も充実!中学の吹奏楽部の演奏、ダンス、夜は大人のバンド。男子中学生のオタ芸のレベルが高くてびっくりしました。

ほたての貝に願いごとを書いてツリーにつるすのも八雲ならでは。八雲ではホタテの耳づりが有名で、小学生もひもを結ぶアルバイトをするそうです。

今回声をかけてくださった実行委員長と、お母様と。子どものためだけの人生ではなく、自分自身を生きることの大切さをお話してくださいましたが、子どもへの手をかけたり目をかけたりももちろんしっかりされていて、そしたらこんなにいい息子が育つんだな、と勉強になりました!

たくさんお話できて楽しかったです。ぜひ再会したい!

夜のツリーや道も素敵でした!

もちろん通りました!

最近地方出張のお土産は地酒。

八雲の地酒、ついに手に入りました。八雲町は上ノ国に行く時にJRで降りて路線バスに乗り換えする地点。特産品はJR八雲駅に展示してあるのですが、乗り換えの時間がなかったりして酒屋さんに行けず、毎回欲しいと思っていたのです。

年明けも上ノ国高校に授業に行く予定です。

企業でも個人でも趣味でもなく、町を盛り上げようと若者が自主的に企画していたのがすごかったです。

装飾を保育園や施設にお願いしていたり、

地域の部活やサークルの発表があったり、たくさんの人が参加していました。吹奏楽部の音楽も、中学生のオタ芸も、夜のバンドもレベルが高く、企画がワクワクするものばかりでした。

赤ちゃんから年配の方まで、きっとそれぞれの心に残る思い出になっていくと思います。私も、通過するだけだった八雲の町が大事な町になりました。

お世話になりました皆様、ありがとうございました。

関連記事

コメントは利用できません。

2018みんなのHAPPYマーケット


今年も無事終了しました!ご来場ありがとうございました!

Facebookページ

ページ上部へ戻る