みんなのHAPPYマーケット

HAPPYマーケット前日  〜愛情のかたち〜

こんにちは。ミーナです。いよいよ明日はHAPPYマーケット。

イベントが近いと言っても乳児保育の授業も普通にあるし、子どものサッカーの送迎もあるし、テストが近い受験生の母は何かと落ち着かず、つい無理をしがち。しかもここへきて長男が38.6の熱を出して学校を欠席し、病院へ。母が忙しいと中学生になっても発熱するのでしょうか・・・。インフルエンザではなかったので、水分と栄養を補給してよく休むしかないですね。皆さんもお気をつけください。

 

先週木曜は疲れ果ててボロボロの身体をなんとかしてもらいに、アロママッサージをしてもらうべく、vis-a-visのサロンへ。「身体が怒ってた」と言われました。そうですよね。怒ってますよね・・・。

行きと帰りが全然違うのが毎回実感できます。怒ってる身体を優しくなだめてもらい、今回も助けてもらいました!

img_5274-1.jpg

今週に入ってすぐは、カイロのサロン、S-lineへ。「ええ?!指が入らない!」入らないですよね・・・。念入りにグイグイやっていただきました。

HAPPYマーケット前日に予約した美容院、kiraw hair works、HAPPYマーケットではヘアアレンジとメイク、アクセサリー販売をされます。イベントに出展されていたところ出会ったのですが、短時間でこんなに素敵にアレンジできるものなのかとびっくりして、すぐにHAPPYマーケットへの出展をお願いしました。

「この人になら任せられる!」と思える美容師さんについに出会えました。20年以上ぶりにショートカットにしました。炭酸ヘッドスパ、トリートメントもしてすっきりです。

美容院から徒歩圏にも出展者さんが。お菓子屋さん、アンジュフレットさんです。

「ミーナさんがいいというお店は間違いない、とお客様がケーキを買いに来てくださいました」と嬉しい報告を受け、前日搬入のスタッフへの差し入れの紫いもケーキを購入。

アンジュフレットの2軒お隣も出展者さん。どのお店に入ってもHAPPYマーケットのチラシが置いてあります。

「くこのみ」さんでは、秋のランチプレートをいただきました。ああもう美味しすぎる。

迷いましたが、明日着る服を買いに大丸へ。欲しかったワンピースを、ファイターズ優勝セール最終日にてゲット。

夕方は前日準備。今年は全員子連れでした。子どものお世話係が必要だった数年前に比べ、子どもたちの戦力っぷりたるや、感動ものでした。机を運んでくれたり、資料を入れてくれたり、本当に早く終わりました。

すぐ走る男子と注意する女子、明日も来ようとしてる子どもたち、可愛いなあ。ヨガの託児室で泣いてるのを抱っこした時から、お腹にいた時から、数年経ったらこんなに大きくなって、こんなにみんなで何かを一緒にできるなんて。

スタッフのみんなが連携をとって動いてくれていたおかげで、他の仕事をしながらも今年はスムーズに当日を迎えることができそうです。

数日前から出展者さんめぐりをし、ボディケアをする手、お菓子を作る手、髪を整える手、様々なプロの手に身体のケアをしてもらいました。今年は、なんだかんだ言って、目標としている「余裕」にちょっと近づいていたんだと思います。

大きなイベントを、会社でもなくNPOでもなく、普通の生活をしながら開催するには大きなエネルギーが必要で、HAPPYマーケット前後はよく体調を崩していました。

スタッフに無理させたくない、子どもたちに負担かけたくない、出展者さんに迷惑かけたくない、そうやって、なかなかサポートの手を受け取れずにいました。パソコンが苦手で、文書を作成したら上書き保存をするということすら知らず、毎回消えて途方に暮れながら毎日明け方までひとりでHAPPYマーケットの準備をしていた時もありました。

でも、今やっと、循環できるようになったのかなと思えます。「してあげるのはいいけど、してもらうのは申し訳ない」、それだとエネルギーが滞ります。

みんな、自分にできることで、世界に対して愛情表現をしています。それが食べ物の人もいれば、マッサージの人もいれば、セラピーの人もいれば、託児する人もいるのです。私はもちろんおもちゃ。そしてイベントもかな。

ただただお母さんとして子どもとの時間を大切にすることも、受け取ることも、愛情。発信も、受信も、やりたくなければやめてもいい。

でも、その結果を引き受けるのは自分。

私はいろんなことがありながらも、4歳が中3に、1歳が6年生になるまで10年続けてきました。「続ける」というだけでも、素敵な結果がたくさん受け取れるのです。まだ産まれてなかった赤ちゃんを、託児して、大きくなって、会うたび「きくちさーん」と、抱きついてきてくれるように。続けなければ、途切れていた関係。

明日は、いろんなかたちの愛情を見つけに来てください。わかりやすい場合もわかりにくい場合も、自分に合う場合も合わない場合もあるから、61店舗の中から探してくださいね。

何を選んでもいいんです。でも、できれば子どもが小さいうちは、子どもとの時間を何より大切にしてほしいし、そのためには自分が楽しむのが大事だから、いっぱいヒントを受け取ってほしいなと思ってます!

次男6年生。お手伝いもそろそろ終わりに近づいています。

%e5%89%8d%e6%97%a5%e3%82%86%e3%81%86%e5%8f%97%e4%bb%98

数年前に以前スタッフの子どもが打ち合わせの最中に急に言った言葉を、いつもHAPPYマーケットの前に思い出します。

 

HAPPYはここにあるよ。

 

子どもとの時間は思っているよりずっとあっという間。HAPPYに気づける1日になりますように。翌日からの子育てが、より心豊かなものになりますように。私も。出展される皆さんも。スタッフのみんなも。来場される皆さんも。

皆様のご来場を、LIXILショールーム札幌にて、スタッフ一同お待ちしています!

☆2016みんなのHAPPYマーケット全店舗紹介はこちら


2016-11-01 | Posted in みんなのHAPPYマーケットComments Closed