mother’s space ミーナへようこそ!

「子育て」という未来につながる宝探しを一緒にしませんか?

happyminaomocha

 

「マザーズスペース・ミーナ」へ、ようこそ!
主宰の菊地三奈です。

「ミナ」は私の名前であると同時に、アイヌ語で”笑う”という意味。
そして、「ミーナ」はスペイン語で”宝の山”を意味します。

子どもは宝。自分も宝。

現代の子育ての現場は、母親一人への負担が大きく、目の前のことに手一杯すぎて、「子育て」に余裕を失っているお母さんが少なくありません。

「ミーナ」はそんな、一人だと見過ごしてしまいがちな子育ての中の宝物を一緒に見つけ、楽しみ、育んでゆくためのきっかけを提案しています。

 

キーワードは「ハート&アート」

aboutmina

「ミーナ」では、様々なイベントを行っていますが、すべてに共通するキーワードは「ハート&アート」。

子どもとの時間は、思うようにいかないことの連続です。それでも、ただただ同じ時間を過ごすことが、過ぎてみると、かけがえのない、幸せな、ハートに響く時間だったことに気づかされます。

ちょっと視点を変えるだけで、モノゴトは違って見えてくる。
想像力の扉が開けば、どんなピンチも、チャンスに変わる。

何気ない毎日の中に、楽しさを感じる瞬間を増やすには、アートの要素が最適です。

美しい積み木、海外のアナログゲーム、みんなで遊ぶこと。

五感のすべて、心と体のすべてを使い、思う存分味わうことができたら、その瞬間が宝になります。

子どものまわりにある「アート」に出会うことで、「ハート」が満たされます。

出会いと学びの「自宅サロン」、ママが身体と向き合える「託児付ヨガ教室」、様々なおもちゃに出会える「木育・おもちゃの広場」、ママのためのspecialな1日「HAPPYマーケット」。

子育てを楽しむ”ハート”と”アート”のヒントが、「ミーナ」のすべての活動に込められています。

「ハート」と「アート」は、宝探しの大事な道具。子育ての宝箱を開ける、大切なカギなのです。


菊地三奈プロフィール

マスコミ掲載実績